カードローンを借り換える際に注意すること

カードローンの借り換えをする人はみなさん現在の金利に不満があってのことだと思います。特に消費者金融から借り入れしている場合は利率が18%なんていう人もいたりします。

利率が18%であれば、銀行カードローンに借り換えすればほぼ金利負担は軽くなるはずだと思う人も多いでしょうが、実際にはそうともいいきれません。どこで借り換えするかが重要です。

例えばジャパンネット銀行。
こちらのネットキャッシングは金利が2.5%~ということで人気なんですが、2.5%なんていう金利が適用されるにはかなり属性がよくてさらに限度額も1000万円の枠がもらえないとほぼ無理な話です。きちんとしたところにある程度の年数勤務していて、年収も充分あり、過去にローン返済の延滞なども一切ない、そんな人であれば可能性もなくはないですが、あちこちの消費者金融から数十万ずつつまんでいるような人の場合は借りれる金額も少なくて利率も上限の利率が適用されやすいです。

ちなみにジャパンネット銀行のネットキャッシングの場合、上限利率は18%です。これだと消費者金融から借り換えする意味はないですね。つまりリスクのほうが大きいわけです。

ちなみに大手銀行、例えば三菱UFJ銀行のカードローンだと上限利率も14.6%ですから現状の利率が15%以上の人であれば借り換えする意味が出てきます。
みずほ銀行も上限利率は14%ですから18%のところから借り換えできるならしたほうが良いですね。

このように具体的にどこで借り換えするかによってカードローン借り換えが成功するかどうかが決まってきます。充分注意して借り換え先を選ぶようにしましょう。