最後までお騒がせのコミッショナー

日本野球機構の加藤コミッショナーは、やはり辞任することになりましたね。
統一球が実は飛距離が出やすいものに変わっていたことについて、この方は「知らなかった」と言っていた記憶があります。
もし本当にコミッショナーが知らなかったのであれば、それは日本野球機構が機能していなかったということです。

もし実は知っていたのに知らなかったと虚偽の発言をしたのであれば、彼は日本野球機構のコミッショナーにはふさわしくない人物なわけです。

ハッキリと私の意見を述べるなら、「どちらにしても辞任すべき人」だったと思います。
しかしこの記事でも選手の方が言っているように、なぜこの時期に辞任するのか、私にも全く理解出来ません。

ペナントレースが佳境を迎えたこの時期ではなく、日本シリーズが終了してからで良いではないかと、私も思います。
それよりも早い時期にというのであれば、今さらこんなことを言っても仕方がないのですが、統一球の問題が明るみに出た時期に、辞任すべきだったと思うのです。
後任の人選に期待したいと思います。