ゆるキャラぐんまちゃんのおかげで群馬県イメージアップ

群馬県というと一言で特徴を説明しにくい県といった印象があるのですが、コンサルタント会社「ブランド総合研究所」が発表した「地域ブランド調査2013」の「魅力度」ランキングで今年は44位になったそうです。

昨年は最下位だったので少し躍進しましたね。

県ではぐんまちゃんがゆるキャラグランプリで3位になったことや、富岡製糸場と絹産業遺産群に注目が集まっていることも追い風になったのではと分析しているそうですが、ゆるキャラの力ってすごいんですね。

そういえば新しい歌舞伎座のすぐ側にも群馬県のアンテナショップがあって、ぐんまちゃんが道行く人に人気だったそうです。
ぐんまちゃんは最近クローズアップされてきましたが平成6年に生まれてから、地道に活動を続けてきたそうです。ブログもやっていて、頑張っている姿が好感がもてます。
今年もゆるキャラグランプリの投票がはじまりましたが、前回王者のバリィさんが今年は出ないので、群馬のためにも優勝を狙っているのでしょうね。