借り換えで金利見直し

当サイトは、「カードローン借り換え」を検討されている方向けに低金利のローンをご紹介しています。大手銀行や金利の低いネット銀行がおすすめです。

まずはこちらからご覧ください

>>カードローンの借り換えに最適なローン一覧 <<

カードローンを複数社利用されている方、ちょっと金利が高いのではないかと気になっている方は、借り換えをすると返済がグンと楽になる可能性が少なからずあります。

特に複数社から借り入れをしている場合、返済日も返済金額も複数あり、おまけに金利水準も高めになってしまっているケースが非常に多いです。こうした場合、当サイトでご紹介しているような低金利のローンに借り換えすることで、返済の手間が減り、金利も安くすることが可能です。金利の違いはちょっとした違いでも長い目で見れば大きな差となって出てきます。借り換えを検討している人は見逃せないポイントになります。

人気はやはり低金利

人気なのはやはり低金利のカードローンです。
上限金利に着目すると国内では1.8%の三菱UFJ銀行カードローンが一番低金利で、次に1.9%の横浜銀行カードローンが続きます。しかし横浜銀行は申し込めるエリアが横浜銀行の営業エリア内に住んでいるか勤務している人と限定されてしまいます。

【横浜銀行の営業エリア】
神奈川県内全地域
東京都内全地域
群馬県内の以下の市
前橋市、高崎市、桐生市

営業エリアを気にすることなく全国どこでも申し込めるもので借り換え向けの低金利カードローンとなると先ほどの三菱UFJ銀行や住信SBIネット銀行、みずほ銀行などがおすすめです。住信SBIネット銀行とみずほ銀行は限度額も最高で1000万円ですから、カードローンの借り換えを検討している人にとってはこれらを一番に検討すべきところといえるでしょう。

みずほ銀行カードローン
限度額:10万円~1000万円
金利:3.0%~14.0%
65歳まで申し込み可能
借り換え利用可
住信SBIネット銀行カードローン
限度額:10万円~1000万円
金利:0.99%~7.99%
65歳まで申し込み可能
借り換え利用可
じぶん銀行カードローン『じぶんローン』
限度額:10万円~500万円
金利:2.4%~17.5%
69歳まで申し込み可能
借り換え利用可
三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』
限度額:10万円~500万円
金利:1.8%~14.6%
64歳まで申し込み可能
借り換え利用可

全国区のカードローンで借り換え利用が可能なものについては上記が人気です。
カードローンの借り換えは金利がどの程度低いかも大事ですがそれ以上にまとまった融資をしてもらえるかどうかも重要です。借り換え先の選定にはある程度の規模がある銀行の方がおすすめです。

借り換えの相談は、みずほ銀行のカードローンの窓口でも

消費者金融などで複数の借り入れがあり、高い金利や返済の煩雑さに悩んでいる人や、住宅ローンを予定している人にメリットがある借り入れ先として、みずほ銀行のカードローンがあります。

女3消費者金融では、総量規制により希望する金額での借入ができない場合がありますが、みずほ銀行では限度額が10万円から1000万円までのキャシングが可能です。そして、高額になるほど金利は気になるところですが、みずほ銀行では4.0%から14.0%と他の銀行と比べても低金利な設定になっているので、借り換えの相談をお勧めします。さらに、住宅ローンの場合は基準金利から0.5%の引き下げがあるなど、金利を安く抑える事ができます。

そして、みずほ銀行のカードローンは柔軟な対応が魅力です。普通預金の口座を持っている場合は、インターネットでの審査や申し込みによって自宅にいながら手続きが完結し、即日の借り入れも可能となっています。カードローン専用のカードを作る事もできますが、手持ちのキャッシュカードでその日の内に銀行のATMや提携先のコンビニでキャッシングができるのは、大きなメリットではないでしょうか。

銀行のカードローンでは対象外になりがちな専業主婦でも、上限30万円までの借り入れができたり、素早い審査や上限200万円までの借り入れに収入証明書が不要など、利用のし安さも魅力です。

自分もたまに飲むフレーバーウオーター

人は生きるために水分補給をすることが大切であるが、そこで何を飲むかというとなんだろうか。
街中に行けば自販機はところ狭しと並んでいる。炭酸からミネラルウオーター、ジュースにまむしドリンクやおしるこなどあらゆる商品がある。

自分が基本的に飲んでいるのはお茶であるが、それ以外の水分もある。
自販機で最近よく目にするのが、このフレーバーウオーターと言われる商品である。
水に少量の果汁を入れたものである。
自分が思うにはこれの元祖は桃の天然水ではないだろうかと感じる。
この桃の天然水が発売されたのはもう10年以上前のことだと思う。
目新しい商品だと記憶している。味も美味しかったしよく飲んでいた。
それから月日は経過して飲料水も進化した。

最近発売された南アルプスの天然水のオレンジ味、これはネットで美味しいと評判になって自分も試しに飲んでみた。
最初はただの風味程度じゃないのと思っていたが、予想以上に美味しかった。
まだ商品の種類は少ない感じはするが、これからいろんな味のフレーバーウオーターを作って欲しいと期待しています。

野球の怖さと喜びが一瞬で出た試合

今や巨人のエース格として活躍している菅野にとって、昨日の試合は天国と地獄であったと言える。本来であれば3-1で勝利している試合だったのに、終わってみればサヨナラで白星を手に入れているからだ。それほど危ない1球を打たれてしまったということになる

フォークを投げすぎるのはよくないと聞いたことがある。まさにその例が現れたと思っている。序盤はストレートを中心に投げていたが、中盤からはフォークを投げていた。このフォークは落ちが良ければいいボールなのだが、落ちなければ遅いストレートとなり、飛ばされる可能性が高い。畠山に投げた1球は、まさにそのボールだったのだ

これで菅野は負け投手を覚悟したのだろうが、ヤクルトの中継ぎ以降がそれ以前の問題であり、あっさりと逆転してサヨナラ勝ちを手に入れた。この投手は何かを持っていると同時に、ヤクルトの投手陣の弱さを感じる試合だった。本来ならあの勢いでヤクルトは勝たなければならない。しかし勝てないのは投手陣が崩壊しているからである

ダルビッシュ投手の圧倒的なピッチングを見て

首の寝違えという思いもしなかったアクシデントで、少し遅れてスタートした今年のダルビッシュ。アストロズ相手に8回1安打無失点9奪三振の好投とか。まだ2試合目ですが、今年は去年以上に期待できそうです。

初登板の時は最初は三振を取りまくる力のピッチングで、途中から打たせてとる方向にモデルチェンジしていました。球数を少なくしてイニング数を稼ぐことを目指しているようでしたが、今回のアストロズのような弱小チーム相手だとそんな必要もないという感じで、ただひたすら圧倒的。まさに付け入るスキがない内容でした。

このまま順調に行けば今年もサイヤング賞候補間違いなしなんですが、このピッチングでも勝てない辺り、相変わらず勝ち運には恵まれないようです。日本時代もあれほどの成績を残していながら、最多勝だけは取ったことがありませんでした。勝敗は比較的運に左右されるものですが、この点、勝つということに関しては、ダルビッシュはいわゆる「持ってない」というタイプのような気がします。

いずれにせよ、怪我だけはしないように気をつけてフルシーズン戦って欲しいですね。

日本人が失った信頼、背負う恥

あらゆる意味で世間を騒がせた小保方晴子さんのSTAP論文について、本日ついに理研が「意図的な不正行為があった」と認めたらしい。

日本人(しかも若くてちょっと美人な女性)の偉大なる功績として、「STAP細胞発見」と華々しく報道されたのは、僅か二ヶ月前だったという。もうかなり以前のような気がするのは、誰も予想出来なかったこの急展開のせいだろう。小保方さんを称賛したマスコミが、手の平返しでバッシング報道を始めたこともたった二ヶ月で起きた出来事とは思えず、記憶を混乱させる。

思えばあの二ヶ月前は、科学に縁のない我々一般国民も、ただ小保方さんと同じ日本人であることに誇りを抱いたものだ。それが今は彼女と同じ日本人であることを少々恥ずかしくすら思う。
小保方晴子さんはSTAP論文に関わった人々や他の真面目な研究者だけではなく、日本という国の信頼を失わせ、日本国民全体に恥を背負わせたと言える。不正を見抜けなかった研究者たちは責任を取るべきだが、何より小保方さんの誠意ある謝罪が聞きたい。

仕事が忙しくて病院に検査にいけない人にとっては正に朗報

調剤機能がないドラッグストアなどで販売できる「一般用検査薬」に、尿潜血検査薬・便潜血検査薬(がんの兆候検査用)と、排卵日検査薬(不妊治用)の3品目を認可する方針を政府が固めたことが22日分かったそうです。
早くて平成26年度中にも市販が開始の予定です。

この規制緩和の趣旨は、処方箋がなくても自宅で簡単に検査し、病気の兆候をいち早く発見し、健康増進を図ろうというものです。安部政権の成長戦略の「病気の予防や健康管理の推進」に沿うもので、規制改革会議が厚労省に一般用検査薬の品目拡大を求めていたものです。

私が思いますのに、この規制緩和は大いに評価できると思います。一部には、間違った使いかたによる弊害を心配する声もありますが、使用方法をきちんと説明することで正しい使い方ができると思います。ネット上で、メーカーが正しい使用方法・注意点を動画で流すことも効果的かと思います。

病気の治療は早期発見が第一です。仕事が忙しくて病院に検査にいけない人にとっては正に朗報だと思います。

スマホをアプリを使う場合は慎重にしないといけない

個人情報は今ではすべての業者が欲しがっている情報ですが、それを強引な手口で取ろうとするのはパソコンでは今にはじまったことではありませんが、
スマートフォンが普及して来た今は個人情報が保存された端末だけにパソコン以上にターゲットにされてしまうようになりました。

スマートフォンもパソコンと同じように単なる電話機として考えるのではなくパソコン以上に厳重なセキュリティー管理と意識を高めないといけないのだと思います。
パソコンの場合は安全に使うには必要最低限のソフト以外は絶対に入れない、できればお金がかかっても所在がしっかりとわかり信頼されたソフトをを使うと言うのがあります。
スマートフォンは特に無料でたくさん便利なアプリを取る事ができる気軽さがあり危険です。
同じように自分の必要な機能は何かをよく考えた上で必要なアプリをインストールし、
しっかりと所在や公式サイトでそれが存在しているかを確かめるのが大事だと思いました。

今では公式にアプリが開発されていれば、必ずPRはされているはずなので便利なアプリでも入れる前必ず公式で確認してから入れることが一番望ましいと思います。
あの手この手で見えない人達が情報を狙っているので今後キャリアも率先してこの問題に注意しないといけないと思います。

ips細胞でパーキンソン病治療が可能になる日がくるかもしれません

パーキンソン病は神経伝達物質「ドーパミン」を出すドーパミン神経細胞が減ることで起きてしまう病気です。手や口の震えから起き徐々に筋肉を動かしにくくさせてしまい、顔がこわばってしまったりもする難病です。進行状況も人それぞれ違いますが、現在は薬を服用することにより症状を抑えたり進行を遅らせたりすることができています。
今回、京都大学のips細胞研究により、ヒトのips細胞を使ったパーキンソン病治療の臨床研究に向けた手法が確立されたと発表されました。このことにより、状態が改善されて行けば自分の細部で薬を使用しなくてもパーキンソン病が進行しないなど良い方向へと向かうかもしれません。どんな病気でも若い人のほうが進行がはやく、不安も抱えることも多いです。若ければ若いほどそれだけ薬を飲み続けなければないないことや将来への不安も人一倍感じるかと思います。
少しでもはやくips細胞を使用した、治療方法がコスト面なども考えて誰でも治療できるようになってほしいと思います。研究の方々には私たちにはわからない苦労や大変なことがあると思いますが、未来へ向けて頑張っていってほしいと思います。

テレビ東京の人気アナウンサーニューヨーク勤務終了

モヤモヤさまぁ~ず2やアド街ック天国で人気があったテレビ東京のアナウンサー
大江麻里子さんが昨年ニューヨーク支局に転勤となり多くの大江ファンが悲しみましたが、
1年弱の勤務を終え3月に帰国するため、ニューヨークからでは最後の放送を終えたそうです。

思ったより早く帰国が決まったなという感じもありますが、1年弱とはいえニューヨークで頑張ろうとした決意や色々な思いが大江さんには沢山あるんだろうなって思います。
いくら本人が前々から希望していたとしても、日本から転勤するのは辛い思いもあったでしょう。1年弱だと本人としても帰国は早すぎたような気分なのではないかと思ったりもします。やっと慣れてきたという感じだったのではないでしょうか。

3月31日からは平日の夜11時からの報道番組も決まっているそうなので、ぜひ頑張ってほしいと思います。私も大江アナ見たさに番組を拝見したいと思っています。
できたらモヤさまにも、時々でいいので出てくれると嬉しいなと思います。